« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の8件の記事

2010/12/27

宮ヶ瀬ツリー

(2010.12.24)

Miyagase1224


Webで調べたら点灯してるのは23時までということだったので、ギリをねらって22時過ぎてから行ってみた。
大渋滞はなかったが、それでも駐車場(700円也)に入るのに数分待った。

名物ツリーは遠すぎでいまいち大きさがつかめないけどまあそれは良し。
周囲もよくできている。


Dscf2124


しかし、そこら一帯電飾の嵐だ。かなり無節操

確か最後に来たのは10年くらい前だが、、、
いつの間にこんなことになってしまってたんだ。


Dscf2125

100円の甘酒と100円のポップコーンを買ってしばらく歩き回る。
23時過ぎてもあまり人通りは減らない。
スピーカーで「本日は24時まで~っ!」ってがなり立ててる。
まあイヴだしな。

うちはあまりに寒いので30分くらいで退散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/21

OMRON

Weightcurve

前回のグラフはここ

最近はめんどくさくて、たまにしか計測していない。

体重が3ヶ月くらいずっと横ばいだったから興味も薄れてた。

その間、体脂肪率は少し上昇してた・・・cakeみたい。

それが12月になってまた少し減り始めた。bottleの季節なのに。

結婚したころの体重まであと1kgくらい。体脂肪率は16.6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/20

休出

Dscf2078

土曜日、3号4号を連れて会社へ。

『なんちゃらファミリーデー』とやらで、家族に職場を見せてあげる日。

父は、いつもかばんに入れっぱなしの社員証を持ってくるのを忘れた!のが大失敗。定期券と財布は出したんだけど・・・ 社員証がないとほぼ何もできない。

※休日で、テンポラリーカードの貸し出しは無かった。甘かった

自分のオフィスを子供に見せてやることはできなかった。今日の目的の90%は未達


Dscf2082


まあそれでも、4号はうれしそうに10階から写真を撮っていた (⇒)

このあと4階に下りて、この職場に来て初めて食堂でメシを食べた。
ここでも社員証がなくて、危うくメシも食えないところだった・・・

意外にも社員の家族は大勢来ていて、イベントは大行列だったし食堂も混雑していた。

やきそばとたこやき食べると、もうなんにもすることがないので日産ギャラリーに寄って帰還。


Dscf2104


今年のイルミネーションはこれだけ

もう少し木が育つといい感じになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

近所の風景

Dvc00088


いちょうがまっ黄色で、クルマを停めて少し散歩をした。

11月のある日の夕暮れ。

こういうときに限って携帯しかもってない。

もっともっとずっと! そのまま持ち帰りたいくらいきれいだった・・

Dvc000821

朝方雨が降った日、

大山の山頂では雪だったようだ。

雲が低い位置に漂っているのは逆転層sign02 だっけか・・・

ああ、また携帯しか持ってねぇ・・・ もっとズームして撮りたかった。

山も空も雲も、あ゛~もっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/05

クリスマス・イルミ


illumination

ひょうたん池の上、今年もイルミネーションがすばらしい
(またパワーアップした)

地上にもライトが配置されてる。池への映り込みと合わさって美しい

祭り世話人会のみなさま、その他関係者の方々、ホントごくろうさまです。

毎晩帰って来て、若宮橋を通るのが楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

タンデムで宮ヶ瀬

Dscf2039


女子チームは全員映画に行ってしまったので、残された男子はバイクに乗ることにした。

子供とタンデムするつもりはまったく無かったのだけれど、珍しく息子から「バイク乗ってみたい」と積極的な意思表示があったので、viragoに乗せてみた。

(恐そうなw)おっちゃんがいっぱいいてビビッている息子⇒


Dscf2037

12月だというのに暖かい日だった。歩いている分には(走るとやっぱ寒いけど)。

ふれあいには何度来たか分からないが今回初めて、湖畔まで下りてみた。

予想以上にきれいな湖。ふ~ん・・・

Dscf2043


その後、北岸をのんびりドライブ。MAX50km/hね

そう言えば・・・と、服部牧場に寄ってみた。
けっこう家族連れでいっぱい

ソフトクリーム(350円)食べた。



Dscf2044


いったんR412に出て南岸を上がり、ダムにも寄ってみた。

堰堤の上で、去年丹沢湖(三保ダム)に行ったことを急に思い出したようだった。


Dscf2054


息子はかなり楽しかったようだ。意外だ


本日の走行:45km
燃費:不明


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/04

今年最後の(たぶん)

(2010.11.28)

Dscf1993

8時に883R氏と西湘PAで待ち合わせということで・・・
7時に家を出た時点で激しく後悔。寒すぎ!

しばし暖気しながら体を慣らす。。。sad

しかしこんなに白煙って出るもんだっけ。


Dscf1995

西湘BPに乗る頃には少し日も上がってきて暖かくなってきた。

西湘PAには7:40頃到着。寒いのにライダー(おっさん)沢山w

天気は快晴sun 相模湾はすばらしい眺め



Dscf1999

結局今日は(今日も)883R氏と2人。

石橋まで西湘BP(タダ)で行き、いつも通り旧R135(県道740)から椿ラインを上る。

大観山はバイクが倒れそうなくらい強風が吹き荒れてた。

このあと、芦ノ湖大観まで下りて箱根新道経由で箱根峠→十国峠→熱海峠→伊豆スカ→国士峠(県道59)経由でR136→土肥峠。

ここの旧道R136はすごく久しぶりだったが最高におもしろかった。

Dscf2006

土肥の街に下りて給油し、
土肥金山とかいう観光地でどうでもいいメシを食う。

戸田の方がまだ、いろいろメシを食う処の選択肢があってよい

Dscf2014

メシのあと再び土肥峠を上り、西伊豆スカイラインへ

ここは達磨山手前の笹原駐車場とかいうところ
富士山がすごくきれいで思わず止まって撮影会。

Dscf2019


西伊豆スカイラインの北端・戸田峠から、さらにまっすぐ北へ抜ける名もないつづら折れも好きだ。
{長めのストレート→ヘアピン}が7~8回、下りながら繰り返される。

その先しばらく酷道を我慢すると視界が開け、こんな(→)眺望が待っている。
ここはホント素晴らしい。名前は無いのかな?

その代わり、この先沼津までが狭くて渋滞しててダメ。





今回はGPSロガーを持って行ったので、R136土肥峠辺りで“?”だったことも帰宅してから復習できた。
そう、帰路に「あ?これか!」と思った道がやっぱり旧R136だったんだ。Uターンしてでも入れば良かった・・・

今回は沼津ICから東名に乗り帰還。

 


本日の走行:305km
燃費: 15.8km/L
燃費悪い・・ スプロケ40Tにしたからか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/02

立ち読み

まともなバイク雑誌がなくなったとは前にも書いた。

RIDERS CLUBはモトコルセの宣伝誌になってるし、リアステア改め低回転ガバ開け理論はやはり分からない・・・
やってはみるのだが、どう考えても無理っ! パーシャルなしで公道をツーリングして無事家に帰ってこられるとは思えない。

そんなんで、乗り換え候補だったのがBikers Stationなのだが、名物某S編集長の最近いちおしのサスセッティング企画。内容がいまいち分からず地道に追っかけていたのだが、今日発売の1月号を読んでぶっ飛んだ。
笑った。あきれた!
おかしー
こんなの雑誌に書いて売っていいんだー
これが許されるなら、俺がブログでなに書こうがどんなウソ書こうがずっと罪は軽いだろう。

※買ったわけではないのに批判するのもどうかと思うが、それに加えて立ち読みで記憶もあいまいだが書いてみる。

この企画、以前から「V.ロッシはサスセッティングができない」等、過激な上から目線な物言いが鼻についてはいたのだが、この1月号は「読者からの『分からない』というリクエストに答える回」だそうで、「俺たちプロは」「読者のレベルを考えず」「つい『ピッチングが』って書いてしまうから分かりにくいのだ」・・・
別にピッチングくらい素人の俺でも分かる。どんなけ専門家気取りなんだ。そもそもピッチングってバイク専門用語?
「最近の特に輸入車はサスセッティングがめちゃくちゃだ」「しかし外車ディーラーには、バネレートとプリロードの違いすら分かってるメカはいない」「まあ仕方ないけど」だから俺たちがサスセッティングの極意を教えちゃう。
とか言いたい放題。それに叩き方が明らかにRC誌を意識している。まあどっちもどっちだが。

極めつけは2ページ見開きでPC画面を載せているところ。純正スプリングと交換したスプリングのバネレートのグラフを比較して載せているのだが「このソフトにデータを入れて描画を・・」ってどんな解析ソフトかと思ったら、あーたそれ、

ただのExcel

ですわ。データ手打ちして直線のグラフを描かせただけ。
それ、うちの娘がちょうど学校でならってるところ。重りに比例してバネの長さが変わるのな。パソコンなくてもこんなグラフくらい子供でも描ける

さらにこのソフトで解析すると、純正バネが如何に使えないものか分かるらしいが、これまで散々馬鹿にしくさってたメーカーセッティングに対して何をしたかというと、わざわざスプリングを交換してどっちつかずの性格のセッティングにして喜んでいただけ。底の浅いことが分かってしまった。
BS誌の推奨サスセッティングにすると街乗りからサーキットまで万能だそうだから、スプリング換えてくれって読者(信者)が巡礼に来てくれて、そら某R&Dは儲かるわな。

でもさ、なんのためのフルアジャスタブルサスペンションなの?。「純正スプリングではプリ抜くとサーキットで高荷重に耐えられないし、プリ掛けると街乗りで乗り心地が最悪」ってw。
走る局面に合わせてプリロードちょいちょいっていじればいいだけじゃん。
だいたいスプリング換えてバネレート上げたら、入力に対してピッチングが起きにくくなる。それってS編集長が言う「曲がらない・曲げにくいバイク」じゃないの?


って、結局また今月もRC誌買ってしまったっ!
大した内容もなく、帰りの電車30分でぜんぶ読み終わってしまう・・・ まあジュリアン・ライダーのコラムには200円くらい払ってもいいかな。あと大鶴義丹のコラムに50円くらい。
あとの600円はモトコルセへのお布施だと思うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »