カテゴリー「単車」の86件の記事

2011/06/06

キャプテン逝く

http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003343601.html
なんてこった。

言葉にならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/02

立ち読み

まともなバイク雑誌がなくなったとは前にも書いた。

RIDERS CLUBはモトコルセの宣伝誌になってるし、リアステア改め低回転ガバ開け理論はやはり分からない・・・
やってはみるのだが、どう考えても無理っ! パーシャルなしで公道をツーリングして無事家に帰ってこられるとは思えない。

そんなんで、乗り換え候補だったのがBikers Stationなのだが、名物某S編集長の最近いちおしのサスセッティング企画。内容がいまいち分からず地道に追っかけていたのだが、今日発売の1月号を読んでぶっ飛んだ。
笑った。あきれた!
おかしー
こんなの雑誌に書いて売っていいんだー
これが許されるなら、俺がブログでなに書こうがどんなウソ書こうがずっと罪は軽いだろう。

※買ったわけではないのに批判するのもどうかと思うが、それに加えて立ち読みで記憶もあいまいだが書いてみる。

この企画、以前から「V.ロッシはサスセッティングができない」等、過激な上から目線な物言いが鼻についてはいたのだが、この1月号は「読者からの『分からない』というリクエストに答える回」だそうで、「俺たちプロは」「読者のレベルを考えず」「つい『ピッチングが』って書いてしまうから分かりにくいのだ」・・・
別にピッチングくらい素人の俺でも分かる。どんなけ専門家気取りなんだ。そもそもピッチングってバイク専門用語?
「最近の特に輸入車はサスセッティングがめちゃくちゃだ」「しかし外車ディーラーには、バネレートとプリロードの違いすら分かってるメカはいない」「まあ仕方ないけど」だから俺たちがサスセッティングの極意を教えちゃう。
とか言いたい放題。それに叩き方が明らかにRC誌を意識している。まあどっちもどっちだが。

極めつけは2ページ見開きでPC画面を載せているところ。純正スプリングと交換したスプリングのバネレートのグラフを比較して載せているのだが「このソフトにデータを入れて描画を・・」ってどんな解析ソフトかと思ったら、あーたそれ、

ただのExcel

ですわ。データ手打ちして直線のグラフを描かせただけ。
それ、うちの娘がちょうど学校でならってるところ。重りに比例してバネの長さが変わるのな。パソコンなくてもこんなグラフくらい子供でも描ける

さらにこのソフトで解析すると、純正バネが如何に使えないものか分かるらしいが、これまで散々馬鹿にしくさってたメーカーセッティングに対して何をしたかというと、わざわざスプリングを交換してどっちつかずの性格のセッティングにして喜んでいただけ。底の浅いことが分かってしまった。
BS誌の推奨サスセッティングにすると街乗りからサーキットまで万能だそうだから、スプリング換えてくれって読者(信者)が巡礼に来てくれて、そら某R&Dは儲かるわな。

でもさ、なんのためのフルアジャスタブルサスペンションなの?。「純正スプリングではプリ抜くとサーキットで高荷重に耐えられないし、プリ掛けると街乗りで乗り心地が最悪」ってw。
走る局面に合わせてプリロードちょいちょいっていじればいいだけじゃん。
だいたいスプリング換えてバネレート上げたら、入力に対してピッチングが起きにくくなる。それってS編集長が言う「曲がらない・曲げにくいバイク」じゃないの?


って、結局また今月もRC誌買ってしまったっ!
大した内容もなく、帰りの電車30分でぜんぶ読み終わってしまう・・・ まあジュリアン・ライダーのコラムには200円くらい払ってもいいかな。あと大鶴義丹のコラムに50円くらい。
あとの600円はモトコルセへのお布施だと思うことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

AGUSTA F3

F3の写真がいっぱい出てきた。

3気筒なのが玉に瑕だけど、、、それにしてもかっこえぇ・・・

11500ドル~といううわさもあるから売れるんじゃないの。コレは。

同時にB3(naked ver.)も出るという・・・

自分は買わない(買えない)からトリプルでも全然OK

もっとアグスタ売れろ~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/21

衝動買い(ほぼ)

月曜日の晩、
ヤフオクを物色していると、前から探していたモデルが出ていた。
あんまりきれいとは言えないけど、安い!
出品者はどうやら個人(≠業者)のようだ。

終了は土曜の晩かぁ・・・もう3つ質問入っているしけっこう競争相手も多いようだ。

おぉ!開始価格の+4万が即決価格!?
これは土曜日を待たずして落とされるだろう。
う~むぅ!どうしよー
って5分考えて、ポチっと押してしまった。


Dscf17131

で翌日(火曜日夜)、早速サンバーで那須まで引き取りに行きました。


さて、このマシンは何でしょう??

排気量まで当ててね。

ヒントは、
助手席外さないと載せられませんでした(見りゃ分かる)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/18

LIFETIME SHED

建てたのは、LIFETIME社のGarden Shed(8×10フィート)

組み立ては大人2人いれば4時間くらいでできるらしい・・・

Dscf1453


(遡ること1ヶ月半前)
2個口で確か250kgだっけな、輸送費15000円をケチるためにコストコで無理やりサンバーに積み込んでもらって持って帰った。

助手席取り外して、サイドブレーキレバー外して。
左側の視界はゼロ。あぶないね

Dscf1669


2X4で作った基礎の上に、まずベースプレートを敷いて

Dscf1670

まずは壁を立てます。ここまではすんなり(11時頃)

今回はお義父さんに手伝ってもらいました。
一人では絶対に無理でした。

Dscf1673

ところが2時になってもまだココ。

天窓付き屋根材とか、パーツを組むのに手間がかかって、なかなか組み立て自体が進まない。

スクリューも300本以上締めて右手が激しく疲れた。



Dscf1675

何とか暗くなる前には屋根まで取り付けられた。
(これで雨が降っても大丈夫)。

それにしても朝6時前から(トータル12時間)作業してるのに、全部の作業は終わらなかった。
なにが4時間で完成できるだよっ


でも出来上がりには満足。
早く単車を収めてみたい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/13

やっと基礎ができた

(2010.10.3)

Dscf1595

四隅に羽子板付き沓石を埋め、2X4材の下に1個58円のレンガを敷いた。
当初2X4材の下には軽量ブロックを敷くつもりだったが、高さ※を合わせるためには相当掘らなきゃならないことが分かったので急遽変更。

※SHEDの床面が地面からあまり離れないように、できるだけ2X4材は地面すれすれに敷いたため
(高すぎるとバイクを、特にバックで、入れるのが難儀だと思われたため)

余らせても仕方ないので、ブロックはバイクを載せるあたりの2X4フレームの間に置いた。

Dscf1598

2X4とブロックの水平を念入りに確認し、
コンパネを被せる。

Dscf1600

コンパネにコーススレッドを打ちます。

今回初登場のインパクトドライバー
BLACK&DECKERの充電式。
8000円の安物だけど、素人には十分な性能

インパクトドライバーって楽しい!

土日かけてやっとここまで。
猛烈な筋肉痛

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/29

RC

Dvc00063

まともなバイク雑誌が減った。

と思っていたところに、
キャプテンまでとうとうハーレーに乗り換えちゃうし、
昔はまったく気にも留めなかった記事のひとつひとつ
全部が全部、商品紹介のヨイショ提灯記事に見えてしまい
もうこんな雑誌カネ出して買う価値なし・・・

と見送ったのは1回だけだった(それも立ち読みはしっかりした)。

「イタリア好き」なんてキャッチに負けて買ってしまった。

帰りの電車で一気読み。

表紙(一番下)に誤植発見!
登場したのはKATANAだべ!?


さて、、、
10月になったら伊豆スカ解禁するぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/17

アグスタが再びイタリアンに


2008年にハーレー・ダビッドソンに買収され、
2009年に放出宣言されたMVアグスタだが、
どうやら元オーナーの手に戻ることになったもよう。。。よかったよかった → ニュース

たぶん、右がクラウディオ・カスティリオーニ、
左は息子のジョバンニ
(おじいちゃんもジョバンニじゃなかったっけ!?)

<ニュース抜粋>
カスティリオーニ ファミリーはハーレーから株式を100%再取得した。
MVアグスタはジョバンニとともにマッシモ・ボルディ*によって率いられる。クラウディオは会長になる。

*ボルディはカスティリオーニが所有していた時代のDUCATIで、水冷851の4バルブヘッドの開発したり、Monsterや916を手がけた名エンジニア。ここんとこはSame Deutz-Fahrというトラクター会社のCEOをやってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/25

鈴鹿8耐

Dscf1290_2


8耐イベント※を見に、青山一丁目のホンダショールームに行ってきた。

バイクで行くと地下駐車場に案内される。

※ホンダは偉いと思う。他の3メーカーはこういうことやらないよな・・・


Dscf1292

すごい人だかりってほどではないけどそこそこ人が集まっていた。


ちょうど12ヨシムラが634ホンダを抜いてトップに立ったところだった。
(一人ガッツポーズ。ちょっと不謹慎だったか)



続きを読む "鈴鹿8耐"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/09

新型ブルターレ試乗会

モトコルセ厚木Labに行ってきた。

2010年型ブルターレが並ぶ。
左から1090RR,990R,R989(旧モデル)

では乗った順にインプレ

Dscf0747



  • 990R
    ポジションは910Sとあまり変わらない
    エンジンはスムーズに回っている感じ
    走り出すとまあ・・・ブルターレって雰囲気は同じだな
    ブレーキはよく効く、握っただけの制動力がリニアに生まれる。
    サスは固い(動きが渋い)印象
    エンジンは回すと元気がある。910Sのようなざらつき感はなくキレイに回る。
    アクセルオフでバラバラン・・・という音がする

  • 1090RR(でも排気量は1078cc)
    990Rと比較してサスが柔らかい(スムーズに動く?)印象
    ピッチングが大きめで、交差点とかは曲がりやすい
    エンジンは少しトルクが太いので楽チンができる
    極論すると「ツアラー」って感じ。
    (でも883R氏も白鳥さんもそんな違わないと言う・・)
    990Rに対して{モノブロックキャリパ+スリッパ-クラッチ+鍛造ホイール+80cc}で60万円高。

    どっちにしても買えないけど、フロントブレーキだけ移植できないかな

    Dscf0748


  • DB7
    bimotaである(DB5のイメージが悪すぎるので乗るつもりはなかった)
    ところがまたがってみると、意外にポジションきつくないので試乗させて貰う
    走り出すと、、、これは1098のエンジンだと思うが(そっちは乗ったことなし)、尖ったところもなくよく調教されている。2000rpmからでも気をつけてアクセル開ければギクシャクすることもなく走れる。
    クリップオンも適度な高さで、今まで乗ったビモータでは最高に乗り易い。
    その反面、あんまり面白くもなかった。
    第一、、、かっこよくない。


    Dscf0746

  • R989
    うん、これは98%くらい910Sに同じ。
    いつものエンジン音で、安心して試乗できた。
    新型と比べるとブレーキが少々プアだなとは思うがそれくらい
    かな。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧