Brutaleルックス

いろいろと褒めてみよう

Dvc002511

  • 造形の美しさ
    特にタンク、テール周り。
  • 初見では奇異にも思えた目も今となってはかわいい
  • トラスフレームの機能美
    地味で且つこれで十分なところ(よいバランス)
  • コンパクトなところ
    ギュッと詰まった感じがたまらない
  • ミラー・ステーが低く短いところ
    後ろなんか見えなくてよい
  • 星形ホイール
  • 倒立50mmΦマルゾッキ
  • ネイキッドであって、かなりの部分がF4と共通なところ
  • 外装品が意外にキッチリ嵌っていること
  • イタリアンなレッド
  • エキパイやマフラーや、あちこちにMV AGUSTAの刻印
  • 至る所にCRCの文字
    「マッシモ・タンブリーニ作」であること!

数少ない残念なところ

  • デジタルなスピードメータ
    やっぱ針が良かった
  • インジェクションのボディ部
    アルミ地肌が美しくない
  • マフラーの集合部
    許せない大きさ(キャタライザ?)

ディテール

Brutaledetails_2

  • マフラーにMV AGUSTAの刻印がかっこいい
  • トレリスフレーム(≒トラスフレーム?)
  • 意味もなく太い50mm径マルゾッキフロントフォーク
  • 車高調整リンク(カスタム箇所)
  • 速度計はデジタル。タコは15000rpmまで刻んである(3000余分)
  • MVの刻印
  • 華奢なステップ。滑りやすい
  • 他ではあり得ないタンクのデザイン。この曲線・曲面は普通描けない
  • 片持ちスイングアーム
  • タンクとテールカウルのエロい曲線
  • エンジンはFerrariの流れを汲む(Ferarri設計というわけではない。微妙に中途
    半端)
  • ミラーステーが低く短くて機能的には不評。だが逆にこれ以上のデザインは
    ない
  • (たぶん)ブレンボ製の星型キャストホイール
  • たれ目の軟体動物系なヘッドランプ

ブログ>ブルターレ カテゴリー